「0」より「10」を先に教える不可解さ ※一学年

私の持論です。数字は「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の十個しかありません。一年生の教科書には、どれも「9」より1多い数として「10」がでてきます。至極普通の顔をして。私に言わせれば、「10」はまだ早い。教える順序としては、「0」でしょう。何もない意味の「0」と「書き方・読み方」でしょう(下からマルを書くような子がいます)。そして、算用数字は「0~9」の十個しかないことを意識させます。そうしないと、この段階で「10」という数字があり、漢数字の「十」と同じ感覚で使用することになりがちです。(「百二」を「100 2」と書く子と同じ)。だから、まず、「0」という数字をしっかり教えることが先でしょう。
「10」は、「9」までの数字と同じように教えるわけにはいかないでしょう。その理由は今度にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です