「10」をどう教えるか~十進位取り記数法

 数を表す方法の一つ~十進位取り記数法
「10」と書いたら、ここには自動的に「位取り」の考えが表れています。つまり、「9」までの数は一文字ですので、「位取り」を意識しなくてもよいのですが、「10」は二文字で数を表しているので、位取りのことを意識させなければならないでしょう。10の「0」は「一の位」、10の「1」は「十の位」と言っていて、十のかたまりが「1こある」ことと、一のかたまりがなくなったという意味で「10」と書くことを意識させる必要があるでしょう。
一年生の一学期から「一の位」、「十の位」は早いと思うかもしれませんが、大丈夫だと思います。運動会では、得点発表の場面で、「赤組、百の位は2、……白組、一の位は5、……」と、しっかり聞いていて、勝ち負けがわかっているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です