算数グッズに「10の補数カード」を追加

繰り上がりや繰り下がりの計算で、覚えておいた方が速く計算できるので、1学年で利用すると効果的だと思います。

加減演算の計算法は、数えたし、減加法、減々法、5-2進法など、たくさんあります。初めはその子のやりやすい方法でさせてよいと思います。こういう計算のしかたもありますよと、使用する数字の場合場合に応じてやり方を選択できるのがよいと思います。

9+2は、(9+1)+1よりも9,10,11の数えたしの方が速いし、6+6は、(6+4)+2よりも(5+1)+(5+1)の「5-2進法」の方が速く計算できると思うのですがどうでしょう。いずれにせよ、絶対にこの計算のしかたでなければダメだという指導だけは避けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です